包茎の改善はするべきか!?包茎の状態について

包茎の状態について紹介しています。早期に改善した方がいい場合など、包茎の種類や状態によって対処法は変わってきます。 - しっかりと見識を深めて未然の防止に努めてください

しっかりと見識を深めて未然の防止に努めてください

包茎は性行為感染症を罹患しやすいとされ、包茎が原因で罹る性行為感染症の一つに性器クラミジア感染症というものが存在します。
性器クラミジア感染症は伝染する人数が一番多い性行為感染症とされ、国内における伝染した人数は100万人を超えるともされています。
伝染していても病態が現れにくく、自覚せずにそのままセックスをしてしまう傾向にある性行為感染症であり、
その事柄が伝染する人の増大に多大に結び付いているとされています。
病態としては、尿道から透き通った膿汁が出たり、疼痛を覚えたりする事などが中心的に列挙されます。
推移すると、副睾丸が腫脹したり、熱を発したりする事もあり、別の性行為感染症との同時発生も発生しやすい恐ろしい疾病なのです。
ですが、目立った病態が現れなかったり、病態が軽いのが特性でもある疾病であるため、尿道に不快感を抱くなど、
僅かでも身に覚えがあるのであれば一回診察を受けることを推奨します。
伝染に関しては、セックスに起因するものが列挙されます。
性器クラミジア感染症はクラミジア・トラコマチスという病原菌によって発症し、このクラミジアは移った人との粘膜同士の触れ合いや、
精子を含む体液、膣分泌液を通じて伝染していきます。
男の人のケースでは咽頭腔にまで伝染が広がる場合もあり、咽頭が伝染しているケースでは配偶者との舌を使った接吻などでの伝染する確率も高くなります。
表面的には包茎に限定された事案ではないように感じますが、包茎は亀頭が包皮に包まれた状態であるので、
病原体を保持する確率も上がってしまうのです。
性器クラミジア感染症を罹患している患者はヒト免疫不全ウイルスへの伝染する確率が3倍から5倍にまでなるという情報もあるため、
しっかりと見識を深めて未然の防止に努めてください。

関連記事: