包茎の改善はするべきか!?包茎の状態について

包茎の状態について紹介しています。早期に改善した方がいい場合など、包茎の種類や状態によって対処法は変わってきます。 - 包皮が破けてしまったりするのです

包皮が破けてしまったりするのです

包茎の外科的治療が不可欠な方か否か、とても見極めが困難なのがカントン包茎の状態の方だとされています。
カントン包茎という状態はちょっと理解しづらいのですが、仮性包茎と真性包茎の中間と捉えるのが理解しやすいと思います。
要するに、包皮を反転することが可能だったり、不可能だったりするのです。
あとちょっと理解しやすく解説しますと、カントン包茎という状態は、普通の時は亀頭を剥き出しにすることが可能です。
ですが、硬直する際に亀頭を剥き出しにしようとすると、包皮輪が狭隘で亀頭が圧迫されたり、疼痛が付随してしまうのです。
したがって、普通の時は反転するくらいの包皮輪の狭隘さ、と理解すること適切だと定義できると思います。
カントン包茎で圧迫が激しいケースで、強引に包皮を反転してしまうと、真性包茎の包皮を強引に反転することと一緒の状態を誘発します。
即ち、酷く疼痛が付随したり、包皮が破けてしまったりするのです。
更にカントン包茎では、真性包茎とは異なり強引であれば反転してしまう恐れがあるのです。
そして、圧迫が酷いものを強引に反転してしまうことで、包皮が元の状態に戻らなくなり、腫脹したり、血流が停滞して増加したりしてしまいます。
このような事態になってしまって大問題であるため、速やかに外科的治療を行うようにしてください。
カントン包茎の中には、ちょっと圧迫があるものの、反転は正常に出来るケースも存在します。
そのケースでは包茎の外科的治療をするには及ばないと解釈できますが、とても困難な部位となるため、
個人で見極めをせずに1回医者の診察を受けることを推奨します。
包茎の外科的治療に関して、カントン包茎の状態だと解釈した方はしっかりと不可欠であるかに関して検討してから外科的治療を受けるようにしてください。

関連記事: