包茎の改善はするべきか!?包茎の状態について

包茎の状態について紹介しています。早期に改善した方がいい場合など、包茎の種類や状態によって対処法は変わってきます。 - 恥垢が蓄積してしまいます

恥垢が蓄積してしまいます

包茎の状態である人。
そのまま放っておくと疾病を罹患してしまう場合もあります。
包茎そのものは疾病ではありませんが、どうしても非衛生的になる傾向にあります。
これが理由で疾病が発生してしまうのです。
【包茎は不潔?】
包茎の状態であるからといって一概に非衛生的とは言えないのです。
包茎の人でもしっかりと面倒を見ていれば、衛生的に維持することが可能です。
皮膚が亀頭を包んでいると、恥垢が蓄積してしまいます。
これを放っておくと悪臭が発生する要因になりますし、細菌の苗床にもなります。
「包茎=不潔」というわけではなく、「恥垢=不潔」となるのです。
皮膚を容易に反転することが可能な、状態の軽い仮性包茎の人であれば、自覚的に洗浄すれば衛生的に保つことが可能だと思います。
ですが包皮口が狭隘な人や真性包茎の状態の人は、洗い落としたくても不可能です。
日頃反転することが不可能な皮膚の内部では、恥垢が蓄積して細菌が増殖しているのです。
【恥垢が誘発する疾病】
恥垢は細菌を数多く内包しています。
後天性免疫不全症候群などのウィルスの媒体になっているという調査報告も存在します。
包茎の状態であると以下のような疾病を罹患しやすいとされています。
<亀頭包皮炎>
細菌によって亀頭の部位(ペニスの先端の膨らんでいる部位)が腫脹してしまう疾病です。
これを幾度も頻発すると、包皮(亀頭を覆っている残った皮膚の部位)が徐々に硬化していってしまうのです。
遂には「閉塞性乾燥性亀頭炎」という疾病を罹患してしまい、真性包茎のように亀頭の部位が完璧に皮膚で包まれてしまいます。
カサカサに乾いた状態になるため、セックスにも弊害が生まれます。
この症状になってしまった場合には施術に健康保険を使うことが可能です。
<陰茎癌>
ペニスが癌を発症してしまう場合もあります。
滅多に無い癌ですが、徴候が現れることもなく、認識した時には他の部位へ移動していたという事例もあります。
割礼(宗教的な事情で幼児の包茎の外科的治療を実施すること)が実施されている地域では、陰茎癌を発症する確率が低いとされています。
したがって、包茎と結び付きがあるかもしれないと考察されています。
<ケーラー紅色肥厚症>
亀頭の部位が発赤してしまう疾病です。恥垢が内包する細菌が要因だとされています。
<子宮癌?>
子宮癌の要因は、ヒト乳頭腫ウイルスだということが判明しています。
以前は、ヒト乳頭腫ウイルスは男の人の陰茎の恥垢に癌原物質が存在するとされていました。
しかし、近頃では中心的な要因はセックスによる伝染だと明らかになっています。
包茎=子宮癌という情報は間違いです。

関連記事: