包茎の改善はするべきか!?包茎の状態について

包茎の状態について紹介しています。早期に改善した方がいい場合など、包茎の種類や状態によって対処法は変わってきます。 - 予てより子宮頸癌の要因は包茎にあるという迷信が存在しました

予てより子宮頸癌の要因は包茎にあるという迷信が存在しました

包茎は癌に結び付くと定義されることがあります。
大抵、子宮癌と陰茎癌の要因になると定義されてきました。
包茎と陰茎癌との結び付きは無いとも言えないとされています。
これに対して包茎と子宮癌とはダイレクトな結び付きは無いと明らかになっています。
とは言うものの遠回しな要因とはなる可能性があるため気を付けなければなりません。
【包茎と陰茎癌】
陰茎癌は陰茎が癌を発症してしまう疾病です。
国内では滅多にない疾病ですが、包茎と結び付きがあるとされています。
日本の男性の3人の内2人は包茎であるとされているため、気を付ける必要のある癌の一つだと思います。
包茎の状態であるからといって癌や疾病を罹患してしまうわけではないのです。
亀頭が皮膚に覆われていると、汚れが蓄積してしまいます。この汚れを恥垢と呼びます。
これが細菌の苗床となっています。
嫌な臭いの要因にもなっています。
仮性包茎の状態の人であれば、日々しっかりと洗浄することで未然に防ぐことが可能です。
包茎と陰茎癌との結び付きは医学的には証明されてはいないのです。
ですが米国などの包茎の外科的治療が標準的となっている地域では罹病する確率が低いことが言及されています。
どちらにしても、洗浄することが不可能な、状態の重い仮性包茎や真性包茎を患っている人は施術を行なったほうが良いと思います。
【包茎と子宮癌】
子宮癌の中でも子宮頸癌は、ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)というウィルスが要因になっています。
近頃では予防接種も標準的になってきましたね。
因みに、予てより子宮頸癌の要因は包茎にあるという迷信が存在しました。
今では、ヒト乳頭腫ウイルスがダイレクトな要因だという事が明らかになっているため、この迷信は排除されています。
ですが恥垢がヒト乳頭腫ウイルスの苗床になっているという事実は無いとは言えません。
ヒト乳頭腫ウイルスが要因となって陰茎癌が罹病するという見解もあります。
ヒト乳頭腫ウイルスはセックスによって伝染します。
子宮頸癌を防止する為には…
1.定まった性質や傾向などの無い多くの人とセクシャルな繋がりを持たないように努める
2.避妊具など性行為感染症を未然に防止する為の措置を取る
3.予防接種を受ける
4.包茎を患う男の人の恥垢をしっかりと洗浄する
という手段を講じるようにしてください。
要因は包茎のみではありません。
頭の部分でダイレクトな要因ではなく遠回しな要因と解説したのはそういう意味です。
女の人の癌を未然に防止する為にも、状態の重い包茎を患っている人は診療所などで施術を行うようにしてください。
発赤を繰り返したり、セックスを満足に行えない等の弊害が起こるのであれば、包茎の施術にも健康保険を使うことが可能です。

関連記事:

  ← 前の記事:
  
:次の記事 →