包茎の改善はするべきか!?包茎の状態について

包茎の状態について紹介しています。早期に改善した方がいい場合など、包茎の種類や状態によって対処法は変わってきます。 - それが発する臭いです

それが発する臭いです

包茎を改善したいと考える事情は人によって異なると思います。
ですが陰茎は男の人から見ればとても大切な存在です。
それぞれの事情が間違いなく適正なのか、外科的治療を行わなければ克服できないのか、
ということを注意深く考えた上で施術に乗り出すようにしてください。
【包茎は非衛生的?】
包茎そのものが不潔というわけではないのです。
日本の男性の大半は症状の軽い仮性包茎です。
このケースでは、皮膚を反転して恥垢を上手に洗い落とすことが可能です。
恥垢は嫌な臭い・疾病・性行為感染症の要因となるため、いつも衛生的に維持することが大切です。
外科的治療で完全に露出することになった場合でも垢は蓄積するため、この部分は一緒です。
単にちょっと垢が蓄積しにくくなるという具合です。
【包茎は女の人に敬遠される?】
女性が包茎を敬遠する最大の要因は、それが発する臭いです。
皮膚に覆われている形状自体は「可愛らしい」と考えている人も存在します。
悪臭を取り除く為に、やっぱり毎日の世話が大切です。
外科的治療で包皮を切除してしまうと、柔軟なピストン運動が行えず女性生殖器に害を及ぼして、苦痛を与える場合もあります。
包茎を改善したのに別れを余儀なくされてしまったという事例も無いわけではないのです。
【包茎を患う人は早漏?】
皮膚に包まれていて空気に晒されていないから早漏だ、ということは実を言うと医学的な裏付けは無いのです。
早漏は心因性の要因も多大に結び付いているとされています。
包茎が理由で性的な劣等感を持っている場合には、施術によって自負心を回復することが可能です。
この趣旨で包茎の外科的治療は早漏を治す作用も見込めるのです。
【間違いなく施術が不可欠な方】
包茎は疾病ではないのです。
国内では恥ずかしいという印象が存在すると思いますが、
欧州などでは包茎は普通の状態だと看做されています。
幼少期の頃には誰もが真性包茎の状態だったのです。
絶対に「不名誉」ではないのです。
間違いなく施術・外科的治療が不可欠なのは、包皮口が狭隘でカントン包茎を罹患しやすい人や真性包茎を患っている人です。
垢を取り除くことが不可能ですし、性行為の際に疼痛を覚える場合もあるためです。
【健康保険が使える】
真性包茎・カントン包茎を患っている人は、大抵健康保険が適用される診療の範囲内で施術を行うことが可能です。
健康保険が適用される診療の観点は「疾病」か否か。
疼痛が生じてセックスライフを十分に送れない人や、発赤を繰り返す人などは健康保険を使うことが出来ます。
反対に、仮性包茎を患っている人で「異性に好かれたい」「自負心を抱きたい」「外観を向上したい」という背景の施術は全ての治療費は自己負担となります。

関連記事: