包茎の改善はするべきか!?包茎の状態について

包茎の状態について紹介しています。早期に改善した方がいい場合など、包茎の種類や状態によって対処法は変わってきます。 - 気を付けなければなりません

気を付けなければなりません

あなたは何を目的に包茎の外科的治療を受けようとしていると思いますか?
女の人に好かれたい・彼女とのセックスを堪能したい等の事情で考えている人も恐らくいると思います。
最悪の場合、感覚を喪失してオーガズムに到達しにくくなってしまう事もあるため、気を付けなければなりません。
【包皮を切除すると感覚が弱くなる!?】
どういう事柄か具体的に解説していきます。
亀頭(陰茎の先端の部位)を包んでいる皮膚のことを「包皮」と言います。
これが有り余っている状態のことを俗に包茎と称しています。
包皮には色んな神経が密集しています。
取り分け、先端の方に近い部位は性的興奮を得る為に大切な機能を司っていることが判明しているのです。
包茎の外科的治療では、この部位を切り取ってしまいます。
したがって、治療の後には「感覚が弱くなった」と回答している方が沢山います。
性行為の時に多大な問題が無い場合には、外科的治療以外の手段で改善していったほうが適切です。
そうでなければ、わざわざ度胸と金銭を注ぎ込んで包茎を治療したのに、女の人とのセックスを堪能できなくなってしまう場合もあるのです。
とは言うものの、早漏が治ったという喜ばしい知らせも入っているため、必ずしも性的興奮を惹起する感覚が薄くなることが弊害だとは言えません。
医者と話し合った上で、注意深く決めるようにしてください。
【全然反対の検証報告が打ち出されている】
「包茎の外科的治療によって、実際に感覚が喪失してしまうのか否か」という論題に関して、近頃検証が実施されました。
米国と加国の検証の結論が各自違う結論を出して、医学界でも議論になっています。
加国は「皮膚が存在しても喪失しても性的興奮に差異は生じない」という検証の結論を公表しました。
これに対して米国は「包皮が存在しなければ感受性が低下してしまう」と結論を出しました。
(上記の解説は米国の検証の結論に則った書き込みとなっています。)
どちらが信憑性が高いかに関しては、現在で論戦が行われています。
ですが現実に感覚が弱くなったという方も存在します。
予測としてそういった事態が起こり得る、という事は理解しておくことが重要だと思います。

関連記事: