包茎の改善はするべきか!?包茎の状態について

包茎の状態について紹介しています。早期に改善した方がいい場合など、包茎の種類や状態によって対処法は変わってきます。 - 相談をしながら決定していくように努めてください

相談をしながら決定していくように努めてください

包茎の外科的治療は一般的にどんな人でも行うことが可能です。
ですが中には外科的治療に「適していない」方も存在しています。
間違いなく自分に外科的治療が不可欠なのか否かをきちんと検討することが重要です。
【外観を追い求める方は適していない】
「硬直していない時でも完全に露出する状態に変えたい」方は、外科的治療によって問題が起こる場合があります。
例として挙げると、「普段の時の直径が4センチである方」がいつも露出しているような状態に外科的治療を行なったと仮定します。
硬直していない時にはこれで構わないと思いますが、体積が増えてしまうと皮膚に多大な負荷が加わってしまいます。
引き攣った感覚を抱いたり、おかしな方向へ曲がってしまったりなどの問題が生じてしまうのです。
体積が著しく増える方(普段の時と硬直する時の差異が4倍を超える)もそれほど外科的治療に適していない事がご理解いただけると思います。
「通常は4センチなのに、硬直すると16センチになる」という人は、体積が4倍を超える増え方をするという事になります。
4センチにマッチするように皮膚を切り取ってしまうと、12センチ分の直径が足りなくなってしまいます。
これでは突っ張ってしまうのも無理はないでしょう。
勿論、外科的治療では皮膚を多少残すことで可能な限り不快感を抑制するように治療することが可能です。
前述の事例の場合、16センチにマッチするように切り取っていく訳です。
但し、「仮性包茎みたいで見苦しい…」と感じてしまうような人には、それほど適していません。
外観ばかりを追い求めてしまうと、むしろ見苦しい陰茎になってしまう場合だってあるのです。
実際的にどの程度切り取れば良いのか、に関しては直接医者に判断を下してもらい、相談をしながら決定していくように努めてください。
著しく体積が増えるような方であれば、しっかりと申し出るようにすると確実です。
【女の人とのセックスを堪能したいという方】
セックスを堪能したい!という方は、外科的治療に適していない恐れがあります。
外科的治療では、包皮の先の部位を切り取るのですが、この部位は性的興奮を向上させる機能を持っています。
この部分が無くなったことが理由で、オーガズムに到達しにくくなってしまう場合があるのです。
勿論、真性包茎などで現実に問題が起こっている人は外科的治療が不可欠です。
【20歳未満の人】
陰茎は18歳まで発育するとされています。
中学生・高校生の段階で包茎の状態であっても、発育に従って除去されるという場合も存在するのです。
この段階で切除してしまうと、皮膚が引き攣ってしまうという問題も生じてしまう恐れがあります。

関連記事:

  ← 前の記事:
  
:次の記事 →