包茎の改善はするべきか!?包茎の状態について

包茎の状態について紹介しています。早期に改善した方がいい場合など、包茎の種類や状態によって対処法は変わってきます。 - これらの手段では効き目が現れないのです

これらの手段では効き目が現れないのです

真性包茎という状態は、医学的にも施術が不可欠だとされています。
真性包茎の施術は切り取る外科的治療が主流となります。
【真性包茎は疾病?】
真性包茎というのは、包皮輪(亀頭を包んでいる皮膚の入り口の内板と外板の折り返し部分)が過度に狭隘で皮膚を反転することが不可能な症状の事です。
医学的に「包茎」と定義すると、真性包茎の事を示します。
真性包茎というだけで施術が不可欠な疾病と看做されます。
したがって健康保険を使うことも大半のケースで出来ます。
健康保険が適用される外科的治療は1万円から3万円くらいです。
保険が適用されない診療の外科的治療が10万円から30万円であるのと照らし合わせると相当低い治療費で施術が行えることが理解できるでしょう。
何故、真性包茎は疾病として分類されると思いますか?それには以下のような要因が存在します。
・皮膚を反転することが不可能なので、恥垢が蓄積してしまい雑菌・性行為感染症苗床になっている。
これにより亀頭包皮炎などの疾病が繰り返される。
・セックスの際に疼痛が付随することが殆どで、理想的なセックスライフを過ごすことが不可能。
急激に動くと皮膚が破れるケースも存在する。
ただの真性包茎というだけでは疾病とは看做されませんが、上記のような病態が起こっているのであれば疾病として健康保険を使うことが可能です。
【真性包茎の施術方法】
<切り取る外科的治療>
症状の軽い仮性包茎であれば、ナチュラルピーリング法や恥骨部脂肪吸引術などの手段で陰茎の皮膚を切り取ることなく改善することが出来ます。
ですが真性包茎のケースでは、これらの手段では効き目が現れないのです。
大半のケースでは切り取る外科的治療を行うことになります。
健康保険が当て嵌るのであれば、外科的治療の意図は美容を意図したものではなく疾病を改善する意図となります。
したがって施術方法の選択の余地はやや少ないのです。
外科的治療の痕が出来るケースもありますし、「包茎」を完璧に克服するわけではなく、仮性包茎の症状に変えるだけというケースも存在します。
<ステロイド系抗炎症薬>
児童期の真性包茎に対しては、ステロイド系抗炎症薬を使った施術が基本的になっています。
これを20歳を超えた人にも使えないか否か、昨今関心が集まっています。
<自力で反転する手段>
器具や手を用いて自力で包皮輪を拡張していくという手段も存在します。
ですがこの手段は皮膚が破けることが付き物であり注意を要します。
包皮に裂傷が出来てしまうと伝染病の要因となる場合もあります。
他にも包皮の傷が理由で亀頭と包皮の接合が生じてしまい、包茎の病態が酷くなってしまうケースも存在します。
一般的には、真性包茎の施術は病院でのアドバイスの元、実施していくように努めたほうが良いと思います。

関連記事: