包茎の改善はするべきか!?包茎の状態について

包茎の状態について紹介しています。早期に改善した方がいい場合など、包茎の種類や状態によって対処法は変わってきます。 - 施術の痕があまりハッキリ見えないのが強みです

施術の痕があまりハッキリ見えないのが強みです

包茎の改善と聞くと切り取ることを想起する人が殆どだと思います。
ですが近頃では切除しない施術方法も相当多くなってきています。
以下においては、包茎の色んな施術方法・矯正方法を解説していきます。
【切り取る外科的治療】
今でも包茎の施術の主流は皮膚を切除する外科的治療です。
以前は「瘢痕」がハッキリ見えてしまったり、「2色配色」になってしまったり等、色んな弊害が存在しました。
ですが近頃では色んな外科的治療法が生み出され、不利益も減少傾向にあります。
それだけ医者の実績・技能を必要とする施術も多くなっているため、病院・医者のセレクトは大切な要素となってきているのです。
【ステロイド系抗炎症薬による施術】
リンデロンVG軟膏というステロイド系抗炎症薬を使った施術が、児童期の包茎に対して中心的に行われています。
これを塗布することにより接合が緩和され、皮膚が柔軟になり独りでに反転してくるのです。
20歳を超えた人に対しては滅多に用いられないのですが、成人が患う真性包茎にも作用が現れるではないかと、
限られた専門家の間で関心が集まっています。
【恥骨部脂肪吸引術】
肥満になってくると、ペニスの根元に脂肪組織が蓄積して陰茎の寸法が縮んでしまいます。
これが原因で包茎は酷くなってしまうのです。
これは恥骨の部位を切り開き、吸引管という機械を用いて脂肪組織を吸い込むという施術の仕方です。
陰茎そのものには刃針で切ることはないため、施術の痕があまりハッキリ見えないのが強みです。
ですが症状が軽い包茎のケースだけにしか作用が見込めないという問題点も存在します。
【陰茎を引き伸ばす】
器具や栄養補助食品、外科的治療などで陰茎を伸張するという施術方法です。
ペニスが引き伸ばされることで、必要以上の包皮が減少します。
これによって遠回しに包茎を改善していくという訳です。
【反転するクセを使った施術方法】
陰茎を被っている皮膚は伸び縮みする力・弾力性を有しているのが特性です。
反転した状態を幾らかキープしていると「反転するクセ」が付いて、包茎の症状が克服できる場合があります。
これを使った改善方法も現存しています。
これには以下のような手段が存在します。
・流通されている改善グッズを使うケース(リングのような器具や固定する器具など)
・ナチュラルピーリング法(亀頭を露出した状態にした後、独りでに消滅する糸を使って包皮を縫い合わせて固定する手段)
・医療用の接合剤を使って皮膚を反転する手段
この手段は、割合に症状の軽い仮性包茎にしか作用が見込めず、元の状態に戻ってしまう恐れもある覚束無い手段です。
ですが皮膚の摘出が付随せず、低い治療費で行えるので好評を博しています。

関連記事: